▶千葉とく旅キャンペーン「県民割」 再延長9/30宿泊まで

南房総市の外房エリア旧千倉町と丸山町の堺になる海沿いに立地。気軽にぶらっと立ち寄れる遊食泊可能なB&B/cafe'を1997.7 家族・愛犬とともにスタート、Surf Shop併設。あっという間の24年。

そして現在、施設となり南側の土地を利用してアウトドア好きという方に向けて海につながる広場を作る計画を進めています。屋外のため天候に左右されますが海辺のアウトドア ライフをより楽しく過ごせるフィールドを目指しています。「お客様の自由なスタイルで過ごせることを基本にゆっくり滞在できること。」はじめの一歩です。最低限のサービスでリーズナブルな料金、繰り返し利用してもらえるような居心地の良いプライベートなOUTDOORスペースが作れたらと思います。blog参考

目の前に見える海と周辺の静けさは心落ち着くローケーション。バストイレ付、Ocean View。海と空の青、草木の緑、波や風の音。鳥のさえずり。

高い建物がなく空が近く、遠く水平線まで部屋から見えます。観光や癒し目的、ぶらっと海を見にきた方には

海辺ののんびりした雰囲気と開放感、気持ちいい風を感じ海辺に出てボッーとするには最高です。何もしない贅沢な時間が味わえます。

道の駅ローズマリー公園近く、館山自動車道冨浦ICより30分

サーフィンや魚釣りをする方には人気のポイント(千歳ポイント、三島海岸または別名:千歳海岸)の県道297号線沿い。千倉・鴨川や館山も近距離にあり観光の中継地としてもアクセスはいいです。駐車場は広めです。また、JR内房線「千歳駅」から徒歩5〜10分。


宿に到着して目に入るのは青くきれいな水の海。ブレイクする波音。

休日となるとサーフィンをする方や釣り人が朝早くからエネルギッシュに活動しています。

海辺の沿道を走る自転車やバイク、ランナーや散歩する人、ボードを抱えポイントに向かうサーファー、大物を釣り上げ早朝の釣りを終え駐車場に戻る釣り人など季節関係なく好きなことを楽しむ方が多く見られます。

海まで50m、徒歩1分 Oceanfront

北東から南東方向の海を前に、休耕地に囲まれた沿岸部に建ち、前は防風林、抜け道からChitose Local Beachへつながるロケーション。施設内で過ごすより屋外の海や田舎の静けさを感じながら好きなことを旅目的にする方にマッチすると思います。なお、サーフビーチ前にあり宿泊施設のほかサーフショップも経営しているためサーファーの宿と思われがちですがサーフィンをしない一般のお客様は大勢いるということも特徴の1つです。また開業時から変わらずプラベート重視の宿としてお客様とは一定の距離間での接客です。自由なスタイルでお過ごしください。ご用の際には気軽にお声がけください。

静かなLocal Beach 海の好きな方やアウトドア派に

一足早くやってくる春にはお花摘み(和田・千倉・白浜・館山)、夏は海水浴、通年の大型観光商業施設(鴨川シーワールド、ALOHAガーデン、マザー牧場、木更津アウトレット、道の駅巡りなど)、そのほかスポーツ施設(千倉運動公園内)テニスコートや体育館にも合宿などでたくさんの学生がやってきます。個人やグループでも利用できますのでスポーツで楽しむのもいいと思います。自然が多く広範囲な南房総市にはそれぞれ特色がありガイドブックには掲載のないLocalないい場所がたくさんあります。当地は海岸線に位置する外房地区になり魚釣り、サーフィン目的の方には絶好なロケーションにあります。週末の波乗りをライフスタイルにする方たちが多く集まるChitose Beachのメイン位置に立地。自転車に乗って海岸線を走ったり、ビーチウォーク、貝殻やビーチグラス、流木拾いなどのビーチコーミングもおすすめです。ゆっくり滞在して癒しや海でぼっ―としてリフレッシュするにもいい場所です。いろいろと楽しみ方は多くあり1泊滞在では回りきれません。静かな平日の連泊での旅行計画をおすすめします。

自由に楽しく過ごす

お客様の宿滞在中の過ごし方は季節やその日の天気により違いがありますが、新鮮な空気と楽しく過ごすBBQ、早起きして日の出を見て海辺を歩く

SURFING、釣り、RUN、サイクル、バイクなどライフスタイルにするご夫婦やカップルが一緒に同じことを楽しむ方。また癒しや1人旅連泊でお越しになる方は多いです。そのほか仕事やコロナ禍でのワーケーションなどプライベートを合わせた新しい旅のスタイルの方も増えています。

写真のような海に大きくかかるダブルレインボーも運良ければチャンスあります。

施設内でBBQ(焚き火・夏には花火可)を楽しむことができます。

Beach Combingを 海辺を楽しむ

当地はガイドブックやネットなどでは紹介されることはないきれいな青い海。水平線から昇る日の出が見られる穴場でもあります。海が荒れた後はたくさんの漂流物が浜辺に打ち寄せられます。ペットゴミなど生活ごみや海藻が多く含まれますが流木や貝殻、ビーチグラスなども含まれています。そのほか食べることのできる岩ガキ、ワカメ、まれにサザエや大きな魚に追われたイワシなども打ち上げられることがあります。都会では絶対に味わえない海辺の発見があります。

早起きついでに浜辺の散歩は最高に気持ちいいです。海から昇る朝日を眺め深呼吸、海のパワーをお持ち帰りください。

バナナの木に貝殻を付けてコースタ置物に変身、使い方は自由。貝殻のカメが数匹周りについています。

ときには運よくウミガメの産卵にも遭遇。

一足早く夏の遊びが始まる子供たちの海遊び。いろいろな遊びを見つけ1日海で過ごすことができる海の魅力。(写真:My Family)

夜はカーテンやロールスクリーン、ブラインドを開けて星空や上空を通過する飛行機を数え、波音をBGMにして眠るのは癒されます。朝は日の出と野鳥の鳴き声が目覚まし代わり。季節の色や音、ゆっくりした時間の流れが心地よく感じます。

*宿泊施設・サーフ用品販売(正規販売店)

保健所、消防署、警察署、税務署、建築関係などの届や許可を取り、定期的な検査や講習会のもとで事業を行っております。旅館業営業許可、食品営業許可、古物商許可、防災設備や浄化槽管理、商工会&観光協会会員など現在に至っております。

Owner Profile:南房総の千歳の海辺で生まれ育ち、田舎暮らしと子供の時から現在まで続けている波乗りがライフワークのベースです。海の好きなお客様とお会いでき皆さんの笑顔がパワーになっています。愛犬マリィ、思い出の写真です。


<お知らせ>

※本ページは宿泊関係の情報です。SURFING関係はLife style shop/surfのページ「southbirdinn-lkb」を。cafe'は現在営業しておりません。

※facebookやinstagramなどでも情報公開しています。また、最近Twitter @kaerutotonboも始めました。

なお、Instagramについて本サイト下に表示されたアカウント@locoboy7以外にも下記のアカウントを作成しました。

https://instagram.com/southbirdinn/

※blogについて
本ページameba blogよりhttps://blog.goo.ne.jp/kboyz
goo blogへ2022.3/末より移行しています。


*airbnb:2021.4/2

従来の施設を少しずつ改善していく計画です。どうぞよろしくお願いします。

*Booking.com 2022Award-8.3

当宿では海外からのお客様(日本在住の外国人を含む)、ほか年齢層の高い国内旅行者の利用が多いBooking.comですが、現在も続くコロナの影響により大幅な宿泊客減少になっておりますがお客様のおかげでいただくことができました。ありがとうございました。


*コロナウイルス感染症防止対策

宿では南房総市3密防止対策ほか各省庁・関係部署からの通達や指示に従い対応をしております。

当宿Blog関連記事:

https://s-birdinn.amebaownd.com/posts/17433315

フロント手続き後、外階段から別棟になる客室への案内・入室、滞在、チェックアウト時にRoomキーを返却。(ネット予約の場合には事前カード決済、現地払いの場合はカードまたは現金。)完全「非接触型」ではありませんが滞在中は自由に出入りでき、宿内での人との接点は少なくお客様のスタイルでお過ごしできます。早朝のチェックアウトやお仕事での夜勤などもできます。カード決済を除き創業時から変わっていません。どうぞご安心ください。


1階フロントおよび客室棟2階玄関入り口、客室内にアルコール消毒液&消毒ハンドペーパーを常備しています。使用後のリネン類の速やかな返却回収を行い、室内から出たごみ類はビニール袋にしばり、分別用のゴミ箱に入れてもらい管理します。ご利用者様にはご理解いただき、こまめな対応をお願いしています。

●室内はチェツクイン時までドア、窓を開閉し換気対応いたします。

●通常チェックイン時に行う宿泊台帳は客室にて記帳し部屋に一時保管してもらいます。チェックアウト後に回収します。

●連泊の場合には2泊目はROOM清掃およびシーツ交換は行いません。タオル、歯ブラシはあらかじめご用意してあります。3泊目以降はお客様のご要望でベットメイクや清掃を行います。

●予約時にリクエストされているオプションなどで現地追加料金は ex.) BBQ利用やボードRental料金はクレジット決済または現金払いにて前払いでお願いします。


ローカル気分で、自分流にEnjoy!!

お子様やワンコが主役の家族旅行、小グループや団体様の貸し切り、女性(または男性)の1人旅、カップルやお子様連れでの季節の観光、夏の海水浴などのマリンレジャー、春~秋のドライブ・サイクリング・ツーリング、観光めぐりの中継地として、周辺で行われるイベント参加、くつろぎを求めて癒し目的、仕事、移住計画の土地探しなど・・・(当地の魅力が伝わり近くにお住まいになる方もいます。)旅の思い出を。

部屋からの眺め:部屋からも波チェックは可能です。ボードを抱え好きな時間にすぐ行ける距離。海から上がれば屋外でシャワーを浴びベンチやお部屋で休憩も。普段は人が少なくとても静かな海辺ですが、波の状況により混雑度が変わります。小さな波の時はサーファーと釣り人がお互い海をシェアしています。

癒し目的の方は浜辺に、また星空もGoodです。

当施設滞在の際は浜辺を歩き大きな流木のベンチに腰掛け水平線を眺めてみてください。客室から朝日が見えることや潮風を感じ波音が間近に伝わることはもちろん、1日の時間帯により変化する海・空・周りの風景の色や光の輝き・音などは心に伝わるものがあります。普段忘れがちな笑顔や驚きを思い出させてくれたりリラックスできる最高な場所に感じると思います。

混雑する時期を外せば、また人気の少ない夕方は海を独占して人に邪魔されないプライベートタイムを味わうこともできます。

多様な目的と遠方からの幅広い年齢層、リピーター、近年では海外の方も


都心から近い観光地として繰り返し訪れる南房総ファンは多く、目的なくブラっと来る方や人の少ない時期に混雑を避けて癒しを求めて来るお客様は非常に多いです。また年々、遠方からお越しになる方が増加傾向にあります。


施設運営のSNS

face bookページ:「サウスバード イン」→https://www.facebook.com/SouthBirdInn/

このサイトには表示されていませんが海関連情報「SOUTH BIRD INN」があります。興味のある方は下記URLをクリックしてご覧ください。

https://www.facebook.com/littlekboyz/

Twitter

※blogについて
本ページameba blogよりhttps://blog.goo.ne.jp/kboyz
goo blogへ2022.3/末より移行していきます。